私宛に『架空請求』が来ました。皆様お気を付け下さい。 #福岡 #行政書士

スマホにこの様なダイレクトメッセージが送られてきました。

直ぐに『架空請求』だと分かり、電話番号を検索すると、同様のメッセージが多数送られている様です。


『架空請求』と分かる理由
①何のご利用料金なのか書いていませんね。
 真っ当な催告であれば、『携帯電話の使用料金未納』などと名目が書いてあります。
②突然何の前触れも無く、ダイレクトメッセージで催告は行いません。
 予め請求書等が郵送された上で、それでも未納などの状態が続けば、ダイレクトメッセージが送られることはあり得ます。
③本日中に電話して下さい。などと、急すぎる催告はあり得ません。
 〇月〇日に口座再引き落としを行います。と期限に余裕があるはずです。



この様な『架空請求』が来た場合の対応方法


絶対に連絡してはいけません。まずは落ち着いて、警察や行政書士・弁護士に相談しましょう。


②余裕があれば、行政書士・弁護士の元で、インターネットで指定された電話番号を検索
します。多くの場合は被害情報が掲載されています。



絶対に慌ててはいけません。



事業のお悩み事や日々のお困りごとは松下行政書士事務所へご相談下さい。
https://matsushita-gyosei-office.storeinfo.jp/

『登記されていないことの証明書』は郵便でも取得できます。 #福岡 #行政書士

法務局で発行される『登記されていないことの証明書』ですが、許認可取得や更新の際など、多くの場面で必要となります。


皆様も行政書士や司法書士から『取得して下さいね。』と言われた経験は無いでしょうか?


平日にわざわざ法務局へ行くのはお時間が勿体ないので、郵送請求する方法をご案内します。


ステップ①


こちらのサイトを開いて下さい。※法務省HPですのでご安心下さい。



ステップ②


左側欄 申請書様式の 登記されていないことの証明申請書(後見登記等ファイル用)を開いて必要事項を記入して印刷して下さい(PDFですが、文字入力が可能です。)。


※『証明事項』で必要な項目は各手続によって変わりますが、上3つにチェックを入れて頂くと証明事項の不足はありません。




ステップ③


収入印紙(コンビニでも購入できます)を貼り、必要書類を同封して下記へ郵送。


〒102-8226


東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎


東京法務局民事行政部後見登録課




以上となっています。


『登記されていないことの証明書』が頻繁に必要な方、大量に必要な方を始め、この証明書は手書きで申請すると、手書きに法務局の証明印が押されて発行されるので、私は悪筆なので、、、という方(私もです。)にもお勧めです。




もちろん、行政書士や司法書士に代行取得を依頼することも可能です。


事業のお悩み事や日々のお困りごとは松下行政書士事務所へご相談下さい。
https://matsushita-gyosei-office.storeinfo.jp/

建設業許可を取得する為の要件 #福岡 #行政書士

建設業許可取得について、一人親方をなさっている方などは良く耳になさいますが、どの様な要件が必要になるのでしょうか。


建設会社勤務経験のある弊所代表がお伝えします。


大きく分けると、以下の4つの要件が必要となります。
①経営経験
②技術者の有無
③財産的基礎
④欠格要件等に該当しないこと


今回は、①経営経験についてご説明します。



①経営経験
個人事業主の場合は代表者、法人の場合は取締役等の役員(一般的には代表取締役で申請する事が多いです。)が建設業を経営者という立場で運営した経験です。
これらの経験が5年以上必要となります。
尚、5年以上の経営経験の証明に必要な書類は、各都道府県によって異なりますが、福岡県の場合は


個人事業主としての経験を証明する場合・・・
・確定申告書の写し
・工事請負契約書等の写し(年1件以上)


法人役員としての経験を証明する場合・・・
[建設業許可を持っていない場合]
・法人税・消費税申告書の写し
・工事請負契約書等の写し(年1件以上)
・会社謄本
[建設業許可を持っている場合]
・直近の許可書の写し+営業の沿革の写し
or
・必要年数分の許可書の写し
・会社謄本


※2019年4月時点に定められている事項ですので、改訂される場合もあります。


要は、5年以上建設業を運営・経営してきたことを確定申告書と工事契約書で証明すれば良いのです。


今後、建設業許可をお考えの方は、書類一切を保管していただくことをお願いいたします。※書類の保管は建設業法にも規定されています。



また、この記事を観た限りだと書類が足りないかもしれない・・・等のご不安をお持ちの方は、お気軽にご連絡下さい。



事業のお悩み事や日々のお困りごとは松下行政書士事務所へご相談下さい。
https://matsushita-gyosei-office.storeinfo.jp/